「お疲れ様」って、英語で何て言えばいいの?

お疲れ様 英語

「お疲れ様」、「お疲れ」という表現。

ビジネスの場面ではもちろん、友達や家族とのプライベートの会話でもやたら頻繁に登場するこのフレーズ。

みんなもいろんな場面で、ほとんど毎日最低1回は口にしているんじゃないでしょうか。

最近ではあのタモリが、「子役が誰彼かまわず『お疲れ様です』といって回るのはおかしい」という発言をしたことがきっかけで、使う時の立場や場面の適切さが議論されていますね。

英語の表現を学んでいく上でも、「日本ではこんな時”お疲れ様”と言いたいんだけど、英語ではなんて言えばいいんだろう?」と思う場面は決して少なくないと思います。

ましてやビジネスで英語が求められる環境なんかでは、メール文の書き出しや文末の挨拶、職場での声かけなどで使いたいですよね。

というわけで、今日はそんな日本語特有の言い回し代表格とも言えるこのフレーズを、英語でどう表現するかについて詳しく解説していきたいと思います!

 「お疲れ様」の英語

このフレーズ、まず、最初に押さえておきたい大事なポイントがあります。

それは、英語の場合は日本語と違い、★「場面によって言い回しが大きく変わる」という点。

日本語の場合は、言い回しのバリエーションといっても、「お疲れ〜」「お疲れ様!」「お疲れ様でした。」(あとは「おつッス」とか。。笑)ぐらいですよね。

同僚・友達に使うか、目上の人・上司に使うか、ぐらいのもの。

まあそれだけ便利な言葉として日本語に浸透しているということなんだけど。

一方、英語の場合は、いろんな言い回しがあるんだけど、それらを大きく2つの場面に分けることができます。

それは、

①「挨拶」

と、

②「相手をねぎらう気持ち」です。

言い換えると、「お疲れ様」という言葉の裏にある感情・その言葉を使う時に同時に相手へ伝えたい気持ちによって、言い方が変わるということですね。(これすごく大事!)

また、このフレーズを使う相手によっても言い方が変わる場合は、それも合わせて整理していきます。

では、ひとつずつ見ていきましょう!

挨拶としての「お疲れ様」の英語

まず一つ目のシチュエーション、①挨拶としての「お疲れ様」について。

これは言ってみれば、「やぁ」「こんにちは」とほぼ同意義ですね。

出会い頭に相手へかけるシンプルな挨拶言葉。

これは英語ですでにみんなが知っている表現に簡単に置き換えることができます。

例えば、

“Hi”
(やあ。)

“How are you?”
(元気?)

“How are things?”
(調子はどう?)

“How’s everything?”
(調子はどう?)

“How’s it going?”
(最近どう?)

“How are you doing?”
(最近どう?)

“How have you been (lately)?”
(最近どう?)

などがこれに当たります。

これらは目上の人に対してもわりと気軽に使えます。

この辺の感覚は、厳しい上下関係が根強く残る会社も未だに少なくない日本の社会とは少し違う感覚ですね。

また、”What’s up?” なんかも同僚や友達向けですが、「最近どんな感じ?」という意味では、アリですね。

あとは時間帯によって変わる挨拶などでは、

“Good morning!”
(おはよう!)

“Good afternoon!”
(こんにちは!)

“Good evening!”
(こんばんは!)

も言ってみれば「お疲れ様」と同義と捉えて良いでしょう。

それと、どっちかというと仕事終わりの同僚への挨拶や、友達と別れ際の「お疲れ様でした」に近い表現としては、

“See you tomorrow!”
(また明日!)

“Have a good night!”
(楽しい夜を!)

“Have a great weekend!”
(楽しい週末を!)

なんてのもいいですね。

これも、目上の人に対して使ってもOKです。

友達同士でよく使う表現として、

“Catch you later!”
(またね!)

“See you later!”
(またね!)

“See ya!”
(またね!)

も良いと思います。

相手に対するねぎらいの時の「お疲れ様」の英語

good job

そして今度は二つ目のシチュエーション、②相手に対するねぎらいの時の「お疲れ様」を見ていきましょう。

これは、仕事の結果や努力の成果に対してのねぎらいの気持ちを表す時に使われる。

代表的なものとしては、

“Good job!”
(よくやったね!)

“Great work!”
(素晴らしい!)

“Excellent!”
(素晴らしい!)

“You did great.”
(がんばったね!)

“Well done.”
(よくやった!)

などなど。

また、一緒にプロジェクトをやりきった仲間に対して、

tired

“We finally made it!”
(遂にやったね!)

“We finally did it!”
(遂にやったね!)

“Finished, at last.”
(遂にやったね。)

手伝ってくれた上司に対して感謝の気持ちを込めて言う表現としては、

“Thank you so much! You really helped me out.”
(ありがとう!本当に助かりました。)

なんてのもいいですね。

お疲れ様の英語

いかがでしたか?

シチュエーションによって、こんなにたくさんの「お疲れ様」があるんですね。

日本の、特に若者の間ではありとあらゆる場面で登場する万能なフレーズですが、

どのような場面で使おうとしているのかをしっかり把握することによって、英語でも意外と簡単に「お疲れ様」を表現することができます!

日本語ではどんなシチュエーションでもつい同じような言い方で表現してしまいがちですが、こうやって一つひとつ英語の表現を学ぶことによって、その言葉を使う時の気持ちを考えてみる良い機会になるのではないでしょうか(^_^)

どれもシンプルな表現なので、みんなも是非、プライベートやビジネスの場面で、いろんな「お疲れ様」を使ってみてくださいね!

それではまた~
See you soon!

[contentblock id=1 img=optin.png]

お疲れ様の英語の他のサイトや記事

Ryoki
青山学院大学にて英米文学と翻訳を学び、その後オーストラリアに1年滞在。日本帰国後は広告代理店にてトヨタ関連の翻訳業務に携わり、現在はカナダはトロントにてフリーランス翻訳家として活動中