これからもよろしく 友人

「これからもよろしく」を英語に出来ない?

ビジネスの場面でいう「 これからもよろしくお願いします」とか、恋人や友達に言う「これからもよろしくね」って日本語は英語にすることが難しいと思う。

色々調べて日本人の友達や知り合いと「これからもよろしく」は英語で何と言うかよく考えたけど恐らく英語によく似ている表現がない。

それでも「これからもよろしくお願いします」を英語で言いたいときには代わりに沢山の(ニュアンスがちょっと違う)英語が言える。

「これからもよろしくお願いします」を場面によって分けて英語を説明する…

「これからもよろしくね」の英語:恋人の場合

これからもよろしく 恋人

恋人に言うの「これからもよろしくね」って表現は英語にするのに難しい。難しいのは言葉じゃなくて伝える気持ちだ。

英語圏で恋人にそんな事を言わないからね。

例えば、この会話を見てみよう

(AとBは恋人で、今日が付き合いの記念日だ)

A:大好きよ。
B:俺も大好きだ。
A:これからもよろしくね。

この文は英語に出来ると思う。翻訳者によって英語が違うかもしれないけど、これで良いかな:

A: I love you.
B: I love you, too.

A: I’m looking forward to our future together.

(なんで「大好き」が “I love you” になってるか他の記事で詳しく話したいけど、一応それで大丈夫だって信じて下さい。今は「これからもよろしくね」ってフレーズに焦点を合わせたいんだ)

“I’m looking forward to our future together” は直訳すれば 「私たちの未来が楽しみ」って文になるんだけどそれは「これからもよろしくね」とはかなり違うよね。実は良くない翻訳だと思う。ニュアンスが違うからね。

“I’m looking forward to our future together” を言ったら「私たち」はずっと別れないってニュアンスがするでも一年の恋人だと一生別れないってわけじゃない。婚約者だったらそうかもしれないけどAとBが高校生だとしたらこの英語がおかしいでしょう。

じゃあ、なんでおかしいと思いながらそう翻訳したのか??

それはね… 他の選択肢がもっと不自然だから。

例えば、「これからもよろしくね」って恋人に言う和英翻訳を調べたけど見つかったのはこういう文だった:

Please take care of me in the future, too.
(直訳:未来にも今みたいに私の世話をしてください)

Please be good to me in the future, too.
(直訳:未来にも今みたいに優しくして下さい)

「これからもよろしくね」ってフレーズに意味が近いけどこの英語は聞いたことがない。その上で1文目の話し手が病気とかってニュアンスもする。あるいは受け手に養ってもらっている。

ちょっと似ていて聞いたことあるフレーズは:

Let’s stay like this forever.
(直訳:ずっとこのままでいよう)

Let’s never change.
(直訳:ずっと変えないことにしよう)

この二つの文は自然な英語だけど結構重い感じがする。劇的な若い恋人が言いそうな表現だ。

じゃあ恋人に何を言えば良い?

もう気づいたかもしれないけどたまに一番正しい翻訳は言いたい事を抜くことだ。

英語圏で記念日とかに恋人は「よろしく」みたいな言葉を言っていない。そんな時に言うのは風通が「感謝を表す言葉」か「愛の言葉」か「褒め言葉」なんだ。

これからもよろしく 記念日 英語

例えば…

I’m so glad I met you.
(直訳:あなたに会えて本当に幸せ[=良かった])

I feel so lucky to be with you.
(直訳:あなたと付き合えて恵まれているって感じる)

「これからもよろしくね」って表現は先に向いているから未来についての愛の言葉も言える。でも言うなら気をつけて:”we” とか “you” とかじゃなくてこんな時に英語で自分が持ってる未来に対しての感情を言う。受け手が “we” って意味を感じることでちょっと「これからもよろしくね」と似てるかな。

例えば…

I’ll always be here for you.
(直訳:ずっとここ[=そば]にいるよ)

You can always count on me.
(直訳:いつだって私に頼って良いよ)

やっぱり英語で「これからもよろしくね」を言ってみたらちょっと重い表現が次から次に出てくるみたい。

会話で恋人に言いたくなったら何を言えば良い?

もし私が日本人で英語を話す人と付き合って「これからもよろしくね」を言いたくなったらこう言うかもしれない:

“In Japanese we have a saying: これからもよろしくね. It means something like, ‘Please keep treating me kindly in the future, too.’ So… これからもよろしくね.”

うん、多分そういう言葉にすると思う。一つの言語で人間の全ての気持ちが伝えられないんだ。伝えられないからこそ嬉しい。翻訳できない言葉が私の一番好きな言葉だからね。

「これからもよろしくお願いします」の 英語: ビジネスの場合

パソコン 単語帳 作り方 ソフト

ビジネスの場面で言う「これからもよろしくお願いします」って日本語が英語にするのにそんなに難しくないと思う。英語にも色んな似ているフレーズがあるから。

問題は英語の似ているフレーズのニュアンスだと思う。和英辞書だけ使ったら間違える可能性が高いかもしれない。

説明するのに和英辞書に載っている言葉を分けてみよう…

1「これから先一緒に働くことを楽しみにしております」というニュアンス。上司に対してや同僚同士で使える表現(通常の表現)

I’m looking forward to working with you.

(Weblio)

“I’m looking forward to working with you” って英語はナチュラルな表現だけど、受け手に初めて会ったばかりってニュアンスがすると思う。例えば、もし私が三年間同じ会社で働いていたら同僚にも上司にも言わない英語だ。”looking forward” って言葉が入っているから今一緒に働いていない意味がする。

しかし、もし私が三年間同じ会社で働いていて大きな新しいプロジェクトを始めるときには同僚にも上司にも言えるけど、以前一緒に働いてなかったニュアンスがする。

2「この会社で働くことを楽しみにしております」という表現(通常の表現)

I’m looking forward to working with this company.

(Weblio)

第1の定義と同じような表現で同じように気をつけて下さい。

3「これから先のビジネスをよろしくお願いします」という表現。会社同士でビジネスのやりとりの際に述べる表現(丁寧な表現)

We are looking forward to our future business dealings in the days ahead.

(Weblio)

この英語は悪くないけどちょっとかたいニュアンスがする。

We are looking forward to doing business with you in the future だけで良いと思う。

4「良いスタートをきって、その状態を保ちましょう」という表現(ややカジュアルな表現)

We’ve got everything at a good start, let’s keep it that way.

(Weblio)

「ややカジュアルな表現」より「やや失礼な表現」だと思う。

「これからもよろしくお願いします」って丁寧な表現じゃない?でも、この “let’s keep it that way” ってフレーズは直訳すれば「その状態を保ちましょう」って意味だけど「これからも失敗するな」ってニュアンスがすると思う。

後、”we’ve got everything at a good start” はちょっと変な言い方だと思う。聞いたことがない。

“we’re off to a good start” とか “we’ve got/gotten everything off to a good start” とかは言うけどこの “got (everything) at a good start” は聞いたことが無い。”got (everything ) off to a good start” が自然だと思う。

5「色々とお世話になっています」と述べる表現(カジュアルな表現)

Thanks for putting up with me.
(Weblio)

Thanks for putting up with me って英語は特別な場合にしか「これからもよろしくお願いします」に翻訳出来ないと思う。「色々とお世話になっています」って書いてあるけど、”to put up with (someone)” って句動詞は「(誰かの嫌なこと)を我慢する」って意味だ。

これからもよろしく 恋人

前の「これからもよろしくね」って恋人に言う英語を見たけど、たまに付き合っている人が “Thanks for putting up with me” を言う。「恋人として私の世話をするの難しいけど、いつも優しくしてくれてありがとう」って意味だ。で、こんな文は多分「これからもよろしくね」に翻訳出来る:

Thanks for always putting up with me.

この文の “always” って言葉が「前もこれからも」ってニュアンスがすることもあるから翻訳としては悪くないと思う。

「これからもよろしくお願いします」の英語の例文をリストアップしよう。

ビジネスの場面で正しい例文:

I’m looking forward to working with you.
これからもよろしく!– Weblio Email例文集

I appreciate your continued support!
これからもよろしくお願い致します! – Weblio Email例文集

Thank you for your continuous support.
これからもよろしくお願いします – Weblio Email例文集

I look forward to continuing work with you!
これからもよろしくお願い致します! – Weblio Email例文集

Everyone, we highly appreciate your continued efforts.
皆さん、これからも宜しくお願いします。 – Weblio Email例文集

「(これからも)よろしくお願いします」の英語の例文

これらの例文では今まだ一緒に(働いた)ことが無いみたいだから「これからもよろしくお願いします」っていうよりただの「よろしくお願いします」が正しいと思う。

I hope we will do good business together.
これからもよろしくお願いします – Weblio Email例文集
(私が言ったら多分 “I hope we can do good business together” って言うけど)

I’m looking forward to working with you.
今後ともよろしくお願いします(「これから先一緒に働くことを楽しみにしております」というニュアンス。上司に対してや同僚同士で使える表現【通常の表現】) – 場面別・シーン別英語表現辞典

I’m looking forward to working with this company.
今後ともよろしくお願いします(「この会社で働くことを楽しみにしております」という表現【通常の表現】) – 場面別・シーン別英語表現辞典

「これからもよろしく」の英語:友達に言うとき

これからもよろしく 友達 友人

簡単に言えば何も言わない方が自然だと思うけど、少しだけ似ている英語の例文をリストアップする。(似ているけど違うね)

Don’t be a stranger.
訳語 またね;また来てね;離ればなれになっても連絡は取ろう
解説 直訳:赤の他人にならないで
(Weblio)

Let’s keep being friends from now on
これからもよろしくね– Weblio Email例文集
(これは別に間違っていないけど、不自然な英語だと思う。ネイティブの方は意味が分かるだろうけど言わないと思う)

Let’s do this again.
次もよろしくお願いします(「またしましょう」と軽く述べる【ややカジュアルな表現】) – 場面別・シーン別英語表現辞典
Let’s do this again sometime もよく言う。

Let’s get together again.
次もよろしくお願いします(「またおちあいましょう」という表現【ややカジュアルな表現】)– 場面別・シーン別英語表現辞典
Let’s get together again sometime もよく言う。

I hope to see you again soon.
また今度ね。

「これからもよろしくお願いします」の英語

不明な点があったら是非コメントで教えて下さい。

後、この記事が面白いと思う方はメーリングリストに購読してくれたら幸甚です!役に立つ情報やレッスンしか送らないので宜しくお願いします…

[contentblock id=1 img=optin.png]

外部のリンク

英語の記事

日本語の記事

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします