大丈夫って英語でなんと言うの?

日本語の「大丈夫」という言葉。いろんな状況で使いますよね。

ただ、日本語では1つの言い回しで足りても、英語では状況によって様々な言い方をします。状況によってどんな使い分けをすればいいのか見てみましょう。

元気がない人に対して「大丈夫?」と言う場合

元気なさそう大丈夫の英語

これは英語で“Are you OK?” または “Is everything OK with you?” などが使えます。

ほかにも、

Is something wrong?
(どうかしたの?)

What’s the matter?
(何かあったの?)

What’s up?
(どうした?)

Are you all right?
(大丈夫?)

What’s wrong?
(どうしたの?)

また、応え方としての「大丈夫だよ」は

I’m okay.

I’m good.

Everything’s fine.

Everything’s all right.

などと言います。

「大丈夫そうだ」の英語

大丈夫そう英語

仕事や、友達などから頼まれて作品か何かをチェックして、「(これで)大丈夫そうだ」と言うときには、

It looks fine.
(大丈夫そうだよ。)

(It) Looks good to me.
(私は大丈夫だと思うけど。)

などと言います。

余裕があるかどうかを聞く時の「大丈夫?」

余裕ある大丈夫の英語

主に金銭的な意味で余裕があるかどうかを聞くときには、

Can you afford to pay that much?
(そんなに払って大丈夫なの?)

といった言い方もあります。

通常、affordという単語は経済的な意味合いで使われることが多いようです。

スポーツなどでミスした時の「大丈夫だよ」

ドンマイみたいな大丈夫の英語

スポーツなどでミスしたとき、日本語ではよく「ドンマイ!」と言いますね。「気にするな」「大丈夫だよ」と言いたい状況で使われるので、英語でもDon’t mind.と言いたくなるのですが、実はコレ、和製英語なんです。

英語ではDon’t mind.だけで使うことはなく、またdon’t mindは、「差し支えない」「気にかけない」という意味になります。例えば、

I don’t mind if you use my car.
(私の車を使っても構いませんよ。)

のように使います。

もし上のようなスポーツの場面で使いたいのなら、「Don’t mind.」ではなくて、「Don’t worry.」(心配しないで)と言います。

また、「(何かを壊したり、失敗してしまって)ゴメン!」的な状況で、「大丈夫だよ」と応える場合は、以下のような言い方が使えます。

That’s OK.
(大丈夫だよ。気にしないよ。)

It’s OK.
(ま、仕方ないね。いいよ。)⇒「ちょっと気にしてるけど…」の印象。

Never mind.
(気にしないで。)⇒日本語の「ドンマイ」に近いです。

Don’t worry (about it). 
(心配しないで。)⇒これも「ドンマイ」に近いです。

No problem. 
(問題ないよ。)⇒ちなみにネット上では、NP とか no prob とか書かれることもあります。

No worries. 
(心配いらないよ。)⇒ちょっと砕けた感じでよく使われます。

面白い使い方としては、お礼を言われた時の返答としても使えます。

A: Thank you for your help.
(手伝ってくれてありがとう。)

B: No problem! / No worries!

上でも書いたように、「大丈夫ですよ」のつもりで It’s OK.と言うと、ネイティブには「ま、いいよ」「ま、許そう」と上から目線に聞こえてしまうので注意が必要です。せっかくの気持ちが台無しになってしまうと悲しいですよね。気をつけましょう!

「(そのままで)大丈夫です」の英語

そのままで大丈夫の英語

「(今の状態で)大丈夫だ」ということを伝えたい場合はこんな風に言うことができます。

You look fine as you are. 
(そのままでステキだよ。)⇒着替えたり、手を加えなくていいよ。

You can leave it the way it is.
(そのままにしておいて大丈夫だよ。)

You can leave it like that.
(そのままにしておいて大丈夫だよ。)

「(一人で)大丈夫だよ」の英語

一人で大丈夫の英語

夏休み、初めての一人での海外旅行。子供を送り出す親としてはとっても心配です。でも、親の心配をよそに、子供は「うるさいなぁ。大丈夫なのに…」って思う。そんな時の一言です。

I can take care of myself.
(一人で大丈夫だよ。)

「どちらでも大丈夫」の英語

どちらでも大丈夫の英語

二つのうちのどちらがいいか尋ねられた場合、「どっちでもいいな」と思うことはありますよね。その場合はどう言えばいいのでしょうか。

Either (one) is fine.
(どちらでも大丈夫です。)

Either way is fine.
(どちらでも大丈夫です。)

Either will be fine. 
(どちらでも大丈夫です。)

Either day is fine. 
(どちらの日でもいいですよ。)

I don’t mind. 
(気にしませんよ。)

Whichever you like. / Whatever you like.
(どちらでもあなたが好きな方でいいです。)

*厳密には後者は「何でもあなたの好きなのでいいです」という意味ですが、特に区別せずに使うネイティブもいます。

注意が必要なのが、次の言い方。

Whichever! / Whatever! 
(どっちでもいいよ!/何でもいいよ!)

I don’t care. 
(何でも気にしないよ。)

これらは、言い方によっては「何でもいい」「どうでもいい」といった投げやりで無関心な言い方に聞こえて、相手が気分を害してしまうことがあります。使うときには気をつけましょう。

「気は確か?」「あなた、大丈夫?」の英語

狂ったのか大丈夫の英語

ちょっと変わった使い方ですが、こういう状況もありますよね。その場合の言い方です。

Are you crazy?
(気でも狂ったの?)

Are you nuts?
(頭、おかしいんじゃない?)

Are you insane?
(正気?)

Are you out of your mind?
(気は確か?)

「きっと大丈夫だよ!」の英語

きっと大丈夫の英語

大きなプロジェクトや新しい事を始めるとき、「大丈夫かなぁ…」と心配する友人や同僚に「きっと大丈夫だよ!」「間違いなく成功するよ!」と励ますのに使える表現があります。

それは No doubt.

「doubt」には疑いや不信という意味があるので、これをNoで否定することによって、「疑いもなく、絶対に」という意味になるのです。

A: Do you think we’ll be OK?
(大丈夫かな…)

B: No doubt about it.
(きっと大丈夫だよ。/間違いないよ。)

I have no doubt that this project will be successful.
(このプロジェクトはきっと成功しますよ。)

「必要ない」という意味での「大丈夫です」

 

必要ないの大丈夫の英語

 

日本語では物事をハッキリ言わないで相手に伝えることが多いので、「大丈夫です」は、「結構です」と同様、日本人同士では便利な言葉ですが、白黒をハッキリさせる言語である英語においては、自分の考えや希望を相手にハッキリと伝える必要があります。

なので、何かを勧められたときに、必要でない場合には「No, thank you.」などと答えましょう。

語調さえキツくなければ、単に必要ないのだという意図は伝わります。

日本語に近い言い方では、

No… I’m fine. Thanks anyway.
(いえ、結構です。勧めてくれてありがとう。)

などがあります。

一番カジュアルで失礼にならないない言い方としては、「(No,) I’m OK.」があります。

A: Would you like a bag?
(袋、いりますか。)

B: (No,) I’m OK.
(いいです。)

相手の気持ちを思いやりながらも、必要ないものは必要ないと告げるってことですね。

余談ですが、特に食べ物や飲み物を勧めて、英語圏の人が「No, thank you.」的な返事をした場合は、文字通りにとって大丈夫です。無理に勧めてもかえって相手を困らせてしまうことになりかねません。

日本人には遠慮という習慣があり、勧めた側はもう一度勧めること、勧められた側はもう一度勧められたら受け入れることが暗黙の了解としてありますよね。「そんなことおっしゃらずにどうぞ」「そうですか、それでは」みたいな。。。けれども、英語圏の人にそういう習慣はありません。欲しいなら欲しい、いらないならいらない。それだけのことなのです。

場合によっては、Are you sure?(本当に?)と確認してくれることもありますが、美味しそうなものを勧められたのに、日本の感覚で「No, thank you.」と言ってしまうと、「あ、そう?」となってしまう可能性もあるので、ご注意を(笑)。

「~しても大丈夫?」の英語

しても大丈夫の英語

「これって、してもいいのかなぁ…」どうしていいかわからないときってありますよね。その時に使える万能フレーズがあります。

Is it OK with ~? です。

Is it OK with you if I borrow some money? I’ll pay you back tomorrow.
(ちょっとお金借りてもいい? 明日返すから。)

Is it OK with you if I schedule the meeting at 3 today? 
(きょうの3時に会議を設定してもいいですか?)

相手ではなく第三者の都合について話しているときには、withの後にその人を入れます。

Is it OK with John for me to go to his party?
(ジョンのパーティーに僕が参加しても大丈夫かな?)

Is it OK with Sally to stay home today?
(きょうサリーに家にいてもらっても大丈夫かな?)

相手が第三者の都合について知らないかもしれないときの言い方は「Do you think it’s OK with ~?」となります。

Do you think it’s OK with John for me to go to his party?
(ジョンのパーティーに僕が参加しても大丈夫だと思う?)

Do you think it’s OK with Sally to stay home today?
(きょうサリーに家にいてもらっても大丈夫かしら?)

「大丈夫」の英語

大丈夫って英語でなんと言うの?

いかがでしたか?

「大丈夫」というたった一言なのに、言葉や状況が変わるとこんなにも表現が変わるんですね。いろいろな状況で使える表現がたくさん出てきたので、みなさんもぜひ使ってみて下さいね。

Yoko

Yoko

Yoko

Latest posts by Yoko (see all)