怒る猫

怒りを抑えることはすごく難しいよね。

人生は不公平だもん:

人生は不公平だ
From Distractify.com

不公平だから時々イヤになって怒る。怒ること自体もイヤだから怒りを抑える方法があるといいけど、怒りって感情を理解しない限り抑えることは出来ない。

怒りの氷山

怒りを抑える方法

冷静になるなんて無理だ!…って思ったことある?

ちょっと変な例だけど、もし俺が職場のテーブルの前に座ってレッスンの準備を始めている時、同僚に急に殴られたとしたら怒るだろうね。

上司に週末も出勤しなさいって言われたら怒る。

彼女が浮気したら怒る。

誰かが悪意を持って俺の犬を殺したら怒る。

こういう例だとほとんどの人が怒ると思う…けど、俺はそんな時でも怒らないでいたい。実際に怒らないとは言わないけど、理想の自分はこんな場合にも怒らない。なぜかと言うと、怒ることは人間じゃなくて動物の反応だと思うから。

動物は感情の原因について考えない。きっかけがあると考えずに反射的にする。怒っている人間もそうだと思う:その感情の原因を考えることを避けている。

怒るたびに人間は裏にある感情を避けている。

裏にある感情はもっと複雑で大変だから怒る方が楽で怒りのマスクをかぶる。

同僚に殴られたら怒るけど、その怒りの原因は恐怖でしょう。この人は安全だと思っていたのに安全じゃないって気づいて怒る。びっくりさせられた熊みたいに。あと、信頼していた人間に裏切られたから心が痛いけど、そんな深く辛い感情を承諾するよりも怒った方が楽だ。

起こったこと表面の感情裏にある感情
週末に出勤させられた怒るせっかくの週末に働くなんて大変だ。疲れている。この仕事が嫌で悲しい。
浮気された怒る好きな信頼した恋人が裏切ったから悲しい。劣等感を感じる。自分がどっかに足りないと感じる。淋しい。
犬が殺された怒る大切なワンちゃんが殺されたなんて考えたくない。死に方が痛かったか考えたくない。もう会えないなんて考えたくない。悲しい。

言うまでもないけど、そんな事があったなら怒っても良いよね。でも、もっと優れている人間になりたいなら、怒る時にも怒っている原因が分かった方が良いと思う。自分の感情の原因を理解する程度と怒る程度は反比例するから。

怒りを抑える方法、ステップ1:

怒るたび、怒りの裏では本当の感情が何かを考えてる。

怒りっていう感情
本当の気持ちが裏にある

怒りを認める

怒りには裏があるから原因を無視することが多いと思うけど、怒りを抑える為には必ず怒りの原因に直面しなければいけない。

Just like our organs, our anger is part of us. When we are angry, we have to go back to ourselves and take good care of our anger. We cannot say, ‘Go away, anger, I don’t want you.’ When you have a stomachache, you don’t say, ‘I don’t want you stomach, go away.’ No, you take care of it. In the same way, we have to embrace and take good care of our anger.

内臓と同じように怒りは我々の一部だ。怒っている時は自分の内側を向いて怒りの面倒を見ないといけない。「失せろ、怒り。歓迎しないぞ。」なんて言えない。おなかが痛い時に「失せろ、腹痛」って言わないよね。治そうとする。同じように、怒りを抱いて治そうとしないといけない。

Thich Nhat Hahn

怒りを治す前にその怒りを認めなければならない。

怒りを抑える方法、ステップ2:

怒りを認めて心の底まで感じる。

barbary-ape-384632_640

怒っても平気だ。感情を消そうとする代わりに承諾する。

怒りは自己中心

怒りとは自己中心的な感情だ。怒るときには三つの事が順番に起こっている:

  1. We want something a certain way.
  2. Other people (or occasionally, the Universe!) don’t give us that something in that certain way.
  3. We get mad.
  1. 何かが欲しい(物・様子・環境など)。
  2. 他の人(または世界)はその欲しい何かをくれないから(または邪魔するから)思うように行かない。
  3. 怒る。

Leo Babauta, Zen Habits

  1. 週末に働きたくない。
  2. 上司に出勤させられた。
  3. 怒る。
  1. 電車で面白い本をゆっくり読んでストレス解消したい。
  2. 誰かが大声で喋っている。
  3. 怒る。
  1. 彼女に愛されたい。
  2. 浮気された。
  3. 怒る。

このプロセスが分かったら怒りの原因を捜すエキスパートになれる。

最初の例を見てみよう。

週末に上司に出勤させられて怒る。この場合、思うように行かないことは週末に休むこと。第三者の立場からこの状況を見て色んな原因を捜してみよう:

  • 何で怒った?
  • 何で週末に出勤するのが大変?
  • 何で上司は出勤させた?
  • 上司は何を考えている?何を感じている?
    • 上司は何でそう考えている?何でそう感じている?

「なんで?」という質問は本当にすごいと思う。

受け入れがたいけど、場合によって人生は不公平だ。

例えば…

何で上司は出勤させた?プロジェクトの〆切が迫っている。

上司は何を考えている?残業しないとプロジェクトが完成できない。

何を感じている?ストレス。

上司は何でそう考えている?従業員が足りない。

何でそう感じている?何をすればいいかが分からない。

原因について考えてみても怒っちゃう時もあるけど、十中八九「やっぱり減るもんじゃないしな」とかって気付ける。

怒りを抑える方法、ステップ3:

第三者の立場から原因をたくさん考えてみて視野を広げる。

怒りの原因を捜す

あらゆる事には原因がある。

前述の例には沢山の原因があり得る:

  • 上司は馬鹿だから何をすればいいか分からない。
    • 馬鹿になった原因は何だろう…
      • 本を読まないから
        • 時間がないから
          • ブラック企業だから
      • 運動しないから
        • 時間が無いから
          • ブラック企業だから
      • 子供のころから上達しようと思っていない
        • 出来ないと思ったから
          • 自信が無いから
            • 両親にあまり褒められていないから

あらゆる事には原因が山ほどある。その原因を考えれば考えるほど落ち着いて怒りを抑えることが出来る。

これにも必ず終わりはある

これから怒ったことを全部メモして、数年後に読んだらどう思うかな。

今まで存在した人間の中で「怒った事」は数えきれないけど、私たちと同じように今まで存在した人間が100%生きていた。100%怒っていた。その人たちが怒った事がたいしたことない思うなら、自分が怒ってる事だってたいしたことじゃない。

英語でイディオムがある:

This too shall pass.
これにも必ず終わりはある。

週末も終わる。上司の命も終わる。この仕事も終わる。私の命も終わる。この怒りも終わる。

怒りを抑える方法、ステップ4:

時間を考えて視野を広げる。

water-209901_640

今まで大変なことはちゃんと終わったよね。今気にしていることだって必ず終わる。

終わるまで愛情をもって原因を悟って、冷静に待つしかない。

冷静になる

最後のコツは一番簡単にできると思う:

怒りを抑える方法、ステップ5:

息を吸う。

怒らない方法

頭が良くなる方法の投稿で説明したけど、脳は酸素が必要だ。酸素が足りないと脳の能力が下がる。同じように、脳に酸素が足りないと冷静になれない。

ステップ1~4をしながら息を吸って冷静に怒りを抑えよう。

怒りを抑える方法

どう思いましたか?

普通は英会話についての記事を書いているけど、たまにこういう自己啓発みたいなやつも書いている。面白かったら是非サイトのに購読して下さいね:

[contentblock id=1]

参考になった記事

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします