次から次へと 英語

今日は私の英語で書いてある日本語の勉強についてのサイトに「次から次へと」って日本語のフレーズの説明を投稿した。それで、このサイトに「次から次へと」って日本語は英語で何と言うか説明したいと思う。

「次から次へと」の英語

「次から次へと」を和英辞典で調べれば沢山のフレーズや構文が出てくるけどよく見る英語のフレーズは:

  • one (名詞) after another
  • 「(名詞)の流れ ・ 絶え間なく続く(名詞) ・ 次々と来る(名詞)」って意味の英語
    • “a stream of (名詞)” とか

普通は「次から次へと」は “one (名詞) after another” に翻訳されているみたいだから、最初にその表現を見たらよいと思う。

one (名詞) after another

“one (名詞) after another” って英語を文で見るとちょっと分かりにくいかも知れない。でも良かったことに分かりやすい説明できると思う:

“one (名詞) after another” ってフレーズは「(名詞)の[沢山の]複数形」だと考えたら大丈夫だ。

…ということで、

“one (名詞) after another” = “many (名詞)”

例えば:

He drank one (glass of wine) after another.
彼は次から次にワインを空けた。

He drank (many glasses of wine).
彼はワインを沢山飲んだ。

大雑把に言えば “one (名詞) after another”は他の複数形の名詞と同じように使えるということだ。

例文を見てみよう。単純な言い方から”one (名詞) after another”って言い方にする。

名詞 = visitor(s) (客)

This morning we have had many visitors.
今朝は大勢の来客があった. 

This morning we have had one visitor after another.
今朝は次から次へと来客があった. – 研究社 新和英中辞典

名詞 = thing(s) (事)

We do many things, multitasking and switching between tasks as fast as we can blink.
次から次へと,あるいは同時にさまざまなタスクをこなし,可能な限り速くスイッチする。

We do one thing after another, multitasking and switching between tasks as fast as we can blink.
次から次へと,あるいは同時にさまざまなタスクをこなし,可能な限り速くスイッチする。– 英辞郎〔【出典】英文著者:Leo Babauta、和訳:Tak.〕

名詞 = masterpiece(s) (傑作)

Beethoven wrote many masterpieces between 1805 and 1806.
1805 年から 6 年にかけてベートーベンは沢山の傑作を書きあげた. – 研究社 新和英中辞典

Beethoven wrote one masterpiece after another between 1805 and 1806.
1805 年から 6 年にかけてベートーベンは傑作次から次へと書きあげた. – 研究社 新和英中辞典

“from ~ to another” VS “~after another”

気をつけて下さい:”after” を言わない場合もあるので、”after”が入っているままで丸暗記してはいけない。例えば…

The speaker skipped from one subject to another.
講演者は次から次へと話題を変えた. – 研究社 新英和中辞典

“one (名詞) after another” は “in succession” (「連続して」)ってニュアンスがある。

一方、”from one (名詞) to another” は「連続して」っていうよりさっきの例文に出た「変える」っていう動詞の方が近い。講演者の話題があちこちに変わっているから話題が繋がっていないようだ。講演者の話は分かりにくいかも知れない。または、講演者は十分演説の準備をしていないかも知れない。

“one (名詞) after another” だと:

The speaker talked about one subject after another.
講演者は次々に話した。

この例文でも話題が変わっているけど、恐らく関係のある話題でしょう。

他の例文も見てみよう…

It was whispered from mouth to mouth.
そのことは次から次へとこっそり言い伝えられた. – 研究社 新和英中辞典

“one after another” の副詞的な使い方

もっと複雑になるんだけど、”one after another” って表現は副詞的な使い方もある。例外もあるけど、”one” と “after” の間に名詞が無いとたぶん副詞的な使い方だ。

óne àfter anóther

(不定数のものについて)一人[一つ]ずつ, 相次いで, 続々と.

Cars appeared one after another.
車が次々に現れた.

Troubles came one after another.
災難が相次いで起こった.

– 研究社新英和大辞典第6版

他の例文:

Things keep happening one after another, so it doesn’t allow me time to relax.
次から次へといろんなことが起こるので,リラックスできる時間がない。– 和英辞郎140

「次から次へと」を「絶え間なく続く」って意味の英語で

「次から次へと」はたまに “in succession” って英語に翻訳されているけど、他の言い方もたくさんある。「相次いで・連続して・絶え間なく続く」って意味の英語が山ほどあるからね。

in succession
続々;陸続;交々;次々;続いて;続けて;逓次;頻りに;累次;順

– 斎藤和英大辞典 (Weblio)

We have had a constant stream of visitors this morning.
今朝は次から次へと客があった. – 研究社 新和英中辞典

彼は次から次へと悪態をついた.
He shot out a stream of curses. – 研究社 新英和中辞典

A series of strange incidents took place in quick [rapid] succession.
次から次へと奇妙な事件が持ち上がった. – 研究社 新和英中辞典

「次から次へと」の英語

どうですか?不明な点があったら是非コメントで教えて下さい。

後、この記事が面白いと思う方はメーリングリストに購読してくれたら幸甚です!役に立つ情報やレッスンしか送らないので宜しくお願いします…

[contentblock id=1 img=optin.png]

外部のリンク

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします