日本にある英会話学校に通っても英語なんて身に付かないとかっていう意見はよく聞くよね。ぼくは半分は賛成するけど、半分は反対だ。

東京の英会話学校で何年か教師として働いてた時の経験をもとに英会話学校で英語を上達するためのコツをこの記事で教えようと思った。

英会話学校が意味ないって言ってる人の意見でぼくが聞いたことの多い理由は

・英会話学校の教師たちは教えることに全然熱心じゃない
・教師たちは日本人の英語の発音に慣れすぎてるから意味ない
・1週間に1回とかだと十分に英語に触れることができない

とかだ。

ぼくの経験では英会話学校に通ってる人の90%以上はぜんぜん上達してなくて、いつもお金の無駄だと思ってた。なぜならほとんどすべての生徒たちは何回間違いを指摘してもレッスンのたびに同じ間違いをしていたからだ。

同じ生徒に何百回も同じ指摘をしてた。それが普通だった。

でもほんとうに一部の生徒は一回指摘した間違いはすぐに直してレッスンのたびに上達してた。

そんな生徒に「すごく上達してるね。どうしてですか?」って聞いたことがある。その答えはいつもこうだった。

“レッスンから帰ったらいつも指摘されたところを勉強していますよ。”

それで実際に英会話学校に通ってたけど意味なかったって言ってる人はレッスンに通うだけで話せるようになると思ってて自分で勉強してないんだって気付いた。

たとえば美術学校に入学しただけで練習をしてなかったら絵が上手にかけるわけないだろう?英語も同じだ。

それから、日本に住んでる時にこういうことをほんとうにいつも聞いてた。

「日本の学校は文法ばかりを教えて話す練習をしていないから日本人は英語をしゃべれないんだ。大事なのは話すことだ」

そういうこと何回も聞いて、なんかぼくは日本人は会話の練習することだけで英語がしゃべれるようになると思ってるんじゃないかって感じてた。でも、会話の練習は魔法の勉強法じゃないよ。

たしかに文法だけの勉強で話せるようのは難しいけど、逆も同じで会話の練習だけで話せるようにはならないんだ。簡単なコミュニケーションとはできるかもしれないけど限界がある。

実際にヨーロッパとかの人は日本の逆で英語をペラペラしゃべっていても、何言ってるか全然わからないこととか起こってる。文法の勉強は遅かれ早かれ必要だ。だから学校で学習したことが無駄だなんて悲しまないでくださいね。それは大きなアドバンテージですから。

そしてぼくが「日本人が妻だし日本に住んでたんだから日本語上手だね」って言われたら、実際は言わないけど「違う。毎日必死に勉強したから話せるんだ」って感じる。そして外国語が上手な人をみたら必死に勉強したんだろうって思う。

アメリカに留学して英語が話せない人もいっぱいいるし日本人の妻がいて日本に何年も住んでる外国人が全然日本語しゃべれない人もいるだろう?そういうことだ。

すなわち僕の考えをまとめると

英会話学校に通うだけじゃ英語は話せるようにならない。
でも、英会話学校で練習しながら自分で勉強したら上達する。

ってことだ。英会話学校に通っていて自分で学習してなくて上達してないと感じている人がいたら、ぜひ僕のアドバイスを試してみてください。レッスンは高いからお金を無駄にしてほしくないもん。

 

最後にこんなに英会話学校の話をしたんだけど、僕がほんとうにおすすめなのはカフェトークとかitalkiとかのオンラインレッスンだ。

どっちも同じくらいいいと思うけど、カフェトークは日本の会社だからみなさん安心するんじゃないでしょうか。なのでカフェトークのほうがいいかもしれない。

それに何年か前に僕はカフェトークで先生として英語を教えたこともあるし、いまは週に2回くらい日本語のレッスンを受けてる。言語を教えるプロの先生や趣味でやってる先生がいるからその人によって値段はかわるけどぼくはたまに50分でたった500円を払ってる。(その人はプロの先生じゃないけどだからこそナチュロルな日本語を学べるんだ!)

英会話学校のレッスン代とくらべたらすごく安いし通う必要もないからほんとうにおすすめです。

ぼくは今日本語・韓国語・中国語・タイ語・ドイツ語・スペイン語を勉強してる。もっともっと勉強したい。だからみんなも語学学習をがんばりましょうね!

またみなさんの助けになれることを思いついたら記事を書きますからね。

 

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします