英語の間違いを怖がらない

間違いが恥ずかしいって感じるのは大変な事だ。

今僕はバンコクに住んでいるんだけど、この間タイで日本語の先生として働いている日本人と話す機会があった。その人は本当に英語が上手だった。

僕たちは色んな事を話したけど、その中で特に「英会話では間違いが恥ずかしいと感じると上達できない」って話が面白かった。それで、購読者にも話してみようかなって思った。

僕は今のところ5年くらい勉強して日本語が上達したけど、今でもよく恥ずかしい間違いをする。仕方ないね。それが語学学習ってことだから。

でも、その日本語の先生と話して、僕は今自分が前ほど恥ずかしいって感じないことに気づいた

今でもよく恥ずかしい事を言っている(多分、話すときにはあまり考えていないから)。それでも恥ずかしくない。

で、なんでもう恥ずかしくないかを考えてみて、色々思い浮かんだ。

下手で恥ずかしいって悪循環

英会話で恥ずかしがらないで

There’s this horrible loop that I have gotten stuck in more times than I count:

僕の語学の冒険で数えきれないほどこの悪循環に陥った:

The worse I am at language, the more afraid I am of making mistakes in that language. And yet, the worse I am at a language the more I need to be making mistakes in that language.

外国語が上手じゃないと間違えるのを恐れる。でも、上手じゃないからこそもっと間違えた方がいい。

(この英語の文は僕が英語で書いてある日本語の勉強についてのサイトの記事で書いたものだ)

約二年前アメリカから東京へ引っ越した。

日本に住むのは二回目だった。四年前に半年くらい東京の日本語学校で勉強したんだ。

でも、その日本語学校を出てアメリカへ帰った時に日本語の勉強を辞めた。そして二年前にまた日本に来て、当時の学校の友達と飲みに行った。

僕はそのとき一年以上日本語の勉強を怠けてた。でも、友達はずっと勉強していた。それで友達は僕よりずっと上手だった

すっごく恥ずかしかった

それから数か月は友達と飲みに行っても喋りたくないってくらい恥ずかしかった。

皆が話している事を把握するのが難しかったから恥ずかしかった。

自分が何か言ったら間違えるかもって思って恥ずかしかった。

人間は周りの人たちに自分を強くみせたい生き物でしょう。でも、それは本当にいいことだと思う?

大昔は弱いと思われたら危険だったかもしれないけど、今は全然違うと思う。かえって自信を持って自分の欠けている所を隠そうとしない人のほうが尊敬されると思う。

間違える人は好かれる人だ

英会話で間違いが恥ずかしい

気にしない方法って記事でも書いたけど、間違いをしない完璧な人よりも間違いをする人の方が好かれるでしょう。

この三つを自問して下さい:

(1)英会話で自分よりずっと上手な人と一緒にいる時はどう感じる?いい気分じゃないでしょう。

でも、(2)自分より英語が下手な人と一緒にいる時はどう感じる?自信アップ、モチベーションアップって感じじゃない?

最後に(3)周りの人たちをどんな気分にさせたい?恐らく幸せにさせたいでしょう。嬉しくさせたいでしょう。

でも、自分が周りの人たちみたいに上手だと周りの人たちは自信を無くす。幸せにならない。従って上手じゃない人って周りの人たちに自信を持たせていい気持ちにさせてあげられるんじゃない?

間違いをいい事にする方法

僕は外国語を話すときは周りのネイティブに間違いを指摘してもらいたい

指摘してくれればもっと早く上達できるからね。

だから、例えば彼女が間違いを指摘してくれる度に感謝を表す。ご褒美あげるねって言う。

友達にも指摘してくれって頼む。五回指摘してくれたら一杯おごるよとかって言う。

間違えるときは周りの人たちともっと仲良くする機会だから見逃さないでください!

英会話が恥ずかしい方に:恥ずかしがらない方法

不明な点があったら是非コメントで教えて下さい。

後、この記事が面白いと思う方はメーリングリストに購読してくれたら幸甚です!役に立つ情報やレッスンしか送らないので宜しくお願いします…

[contentblock id=1 img=optin.png]
Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします