相談

時々レッスン中に生徒から、英語での自然な相槌の使い方を聞かれる。

英語で自然に相槌をうったり、軽い返事をしたりするのは難しいよね。文法的に正しいとしても、ネイティブが使っているかどうかは別だから。

相槌って言葉の問題だけじゃなくて、文化の問題でもあるからね。

この記事では相槌についての文化的な違いを説明してから、自然な相槌の例文を挙げようと思う。

英語の相槌は文化的に違う

英語の相槌は文化的に違う

英語を話す日本人の相槌の一番の問題点は、言い過ぎるってこと。

Studies show that Japanese listeners interject with aizuchi two or three times as often as English speakers do.

研究によると、日本人は英語が母国語の人より2~3倍も多く相槌をうっているらしい。

(LinguaLift)

英語には「相槌」って言葉さえ無い。こういう文で説明されている:

Aizuchi (Japanese: 相槌 or あいづち, IPA: [aizu͍t͡ɕi]) is the Japanese term for frequent interjections during a conversation that indicate the listener is paying attention and/or understanding the speaker.

(Wikipedia: Aizuchi)

だから、「何を言えばいいか」を考える前に「何か言う必要はあるのか」を考えた方がいいかも。誤解が起こり得るからね:

Business relations in particular can be hampered by non-native speakers assuming that their Japanese counterparts have been agreeing to their suggestions all along, when in reality the Japanese have only been saying that they follow or understand the suggestions – “got it”, not “agreed”.

相槌はビジネスの場面で特に問題になり得る。日本語が母国語ではない人は、日本人の相手が相槌をうっているだけということに気づかずに提案を承諾していると思ってしまうからです。”got it” イコール “agreed” な訳ではないのです。

(Wikipedia: Aizuchi)

日本語から英語に直訳できる相槌も少ない。このリストを見てください:

あ            Ah!
へえ           Really?
はい (F)        Yes
ええ (F)        That’s correct; Right
うん           Yeah; Yep; Uh-huh
ふ~ん          Huh; Hmm
そうですか (F)    I see; Is that so?
そっか          I see; Is that so?
そうですよね (F)    That’s right, huh?
そうだよね        That’s right, huh?
そうですね (F)     I see; That’s right
そうだね         I see; That’s right
そうなんですか (F)  I see; Is that so?
そうなんだ        I see; Is that so?
ほんま (に)(Kansai) Really? For real?
ほんと(う)(に)    Really?; Seriously?
なるほど(ね)      I see; Indeed; That’s right…
Nodding
Repeating

(Tofugu: Aizuchi)

上のリストを見ると、英語だと丁寧な言い方とカジュアルな言い方がそんなに違わないことが分かる。日本語では英語よりも丁寧な言い方が大切だから。

英語の相槌:ビジネス

「はい」の相槌は英語でなんて言う?

調べてみたら、相槌の「はい」は “yes” に翻訳されていることが多いみたい。でも 実際は相槌として”yes” はそんなに言われてない。 “okay” のほうが良いでしょう。

A) So, please call me if you haven’t heard from James by five.
五時になってもジェームズさんからの連絡が無い場合は、私に電話してください。
B) Okay.
はい。
A) But if you hear from him before that, then you don’t need to call me.
でも、ジェームズさんから連絡が来た場合は電話しなくてもいいです。
B) Okay. Got it.
はい。わかりました。

“Yes. Understood.” より “Okay. Got it.” の方が良いと思う。”Yes. Understood.” はちょっと固くて軍で使われてるようなニュアンスがする。

英語の “uh huh”

“uh huh” は本当によく言われている。英語で一番言使われている相槌かもしれない。

でも、”uh huh” は結構カジュアルな言葉だからビジネスでの会話では使わないことにしましょう。「うん」って意味に近いかな。そういえば、ビジネスの場で「うん」って言う人がチャラいと思われてるって知ってましたか??気をつけましょう。

他によく聞くのは “okay”とか “got it”とか”okay, sure”とか “yeah, no problem,” とかかな。気軽に使ってください。

英語の相槌一覧

日本語の方が多いけど、英語にも無いわけじゃない。

たくさんリストアップしよう〜

日本語の相槌似ている英語
Ah!
へえReally?
はいYes. / Okay.
わかりましたUnderstood. / Got it.
ええThat's correct. / Right.
うんYeah. / Yep. / Uh-huh.
ふ~んHuh? / Hmm…
そうですかI see. / Is that so?
そっかI see. / Is that so?
そうですよねThat's right, huh?
そうだよねThat's right, huh?
そうですねI see. / That's right.
そうだねI see. / That's right.
そうなんですかI see. / Is that so?
そうなんだI see. / Is that so?
ほんとうにReally? / Seriously?
なるほどI see. / Indeed. / That's right.
そのとおりExactly.
まったくその通りですAbsolutely.
たしかにDefinitely.
まぁ、いいでしょう。Fair enough.
それはいいですね―That's good.
いいですねSounds good.
いいですねGreat!
いいですねCool!
いいですね。/ 素敵Nice!
それはよかったですI'm glad to hear that.
それはすばらしいThat's wonderful.
信じられない。Unbelievable.
信じられないことですね。That's incredible. / That's unbelievable.
それは面白いですね。That's (really) interesting. / That's (really) funny.
それは残念[大変]でしたねThat's too bad.
それはひどい!That's terrible! / That's awful!
最悪じゃん!That's terrible! / That's awful!
それはお気の毒にI'm sorry to hear that.
まさか・・・No way. / You're kidding. / You must be kidding.
ありえな~い!No way!
また~!Come on!

どうでしたか?英語の相槌がちょっと出来るようになりましたか?質問など大歓迎です!コメント欄にお願いします!

あと、この投稿が面白いと思った方は是非サイトを購読して下さい...
[contentblock id=1]

外部のリンク

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします