確認する

この間レッスンで生徒に「check と make sure の違いは何?」って聞かれた。check と make sure の違いや使い分けを説明するのにちょっと苦労したけど、今考えた上でよく説明できるようになったと思う。

恐らく英和辞典とか調べれば check も make sure も「確かめる」とか「確認する」の意味が書いてある。この二つの言葉は結構似ているので同じ日本語の言葉が意味になっているけど、実はこの二つの言葉はちょっと違うんだ。分けて説明しよう。

make sure = 確認する

例えば、自分が「AB」だと思っている。確認しなくてもも良いかも知れないけど、一応確認する。例文を見てみよう:

A = James
(ジェームズ)
B = going to the party
(パーティーに行く)

Phone Conversation (電話で話している)
Mary: Hi James, I’m just calling to make sure that you‘re coming to the party on Sunday.
メアリー:こんにちは、ジェームズくん、土曜日のパーティーに来るって言ってたけど、それで良いんだよね
James: Yeah, I’ll be there.
ジェームズ:うん、行くよ)
Mary: Great! I’m looking forward to seeing you.
メアリー:良かった![会うのを]楽しみにしている)
James: Me too. See you Saturday.
ジェームズ:僕も。じゃあ、また土曜日ね)

この会話の前にジェームズはもう「パーティーに行く」って約束したみたいだけど、メアリーは確認のために電話している。

“sure” は「100%確実だ」って意味だから、”make sure” を直訳すると「100%確実にする」って意味かな。”check” と比べてみよう…

check = 見てみる;聞いてみる

例えば、自分が「AがB」かどうか分からない。見てみない限り分からないから見てみる。または聞いてみるとか。例文を見てみよう:

A = James
(ジェームズ)
B = going to the party
(パーティーに行く)

Phone Conversation (電話で話している)
Mary: Hi James, I’m just calling to check if you‘re coming to the party on Sunday.
メアリー:こんにちは、ジェームズくん、土曜日のパーティーに来るの?
James: Yeah, I’ll be there.
ジェームズ:うん、行くよ)
Mary: Great! I’m looking forward to seeing you.
メアリー:良かった![会うのを]楽しみにしている)
James: Me too. See you Saturday.
ジェームズ:僕も。じゃあ、また土曜日ね)

if と that の違い

もう気付いたかも知れないけど、既に知っている事を確認しているなら “make sure” に “that” をつけるけど、 知らない場合には “check” に “if” をつける事が多い。

ちょっと複雑なんだけど “check” に “that” をつけると “check” は “make sure” と同じ意味になっちゃう。それで英和辞典とかで「check = 確認する;確かめる」って説明もある。

I’m just calling to make sure that you’re coming to the party on Sunday.
(土曜日のパーティーに来るって言ってたけど、それで良いんだよね
=
I’m just calling to check that you’re coming to the party on Sunday.
(土曜日のパーティーに来るって言ってたけど、それで良いんだよね
だけど、if を言うと違う意味だ:
I’m just calling to check if you’re coming to the party on Sunday.
(土曜日のパーティーに来るの?

make sure + if は言わない。間違いなので気をつけて下さい。

make sure と check の構文と使い分け

構文を見てみよう:

主語 + make sure + that + 文(主語と動詞)

I’m just calling to make sure that you’re coming to the party on Saturday.
(土曜日のパーティーに来るって言ってたけど、それで良いんだよね

I made sure that I didn’t forget my umbrella.
(傘を忘れていないか確認した。)

You should make sure that you have the right address.
(住所が間違っていないかを確認した方が良いよ。)

主語 + check + if / that + 文(主語と動詞)/ 名詞

I checked my email.
(メールをチェックした

I checked if anyone was in the room.
(部屋に人がいないかを見てみた

She checked that everything was ready for the meeting.
(彼女は会議の準備が出来たか確認した

Thomas checks the stock prices every morning.
(トマスは毎朝株価を[確認のために]調べている

主語 + make sure + to + 動詞

後、”make sure” に “to 動詞” をつけることが多い:

You should make sure to bring an umbrella.
(傘を必ず持って行ってね)

Make sure to book your hotel well in advance.
(ホテルの予約は十分前にした方が良ですよ。)

I made sure to remember my passport.
(パスポートを忘れていないって事を確かめた[=確実にした]。)

Make sure to save money for emergencies.
(非常用のお金を貯金しないといけない。)

check と make sure の違いと使い分け

どうですか?違いと使い分けが分かりましたか?不明な点があったら是非コメントで教えて下さい。

後、この記事が面白いと思う方はメーリングリストに購読してくれたら幸甚です!役に立つ情報やレッスンしか送らないので宜しくお願いします…

[contentblock id=1 img=optin.png]

外部のリンク

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします