この二年間くらい英会話学校の教師として働いているけど、今まだ日本人の生徒の英語の発音にそんなに考えてなかった。教えられないことだと思っていたかな。分からない。

でも、やっぱり、本当に重要なんだよね。

英語の発音のコツ第1:発音の基礎を作る

英語の発音を良くする方法

(この部分の英語の発音を良くするコツは「英単語の覚え方:英語の語彙力を高める方法」って記事から取った)

外国人だからあまり知らないけど日本人は丸暗記することが上手みたいだ。中学校からやってるからかな。確かに英単語を暗記したら語彙力が上がるけど英会話には制限がある。知っている英単語が聞き取れない限り海外ドラマとか会話とかそんなに楽しめないよね。後、知っている英単語の正しい発音を知らない限り英会話で使えないよね。

レッスンを教える時には日本人の上級生は知っている英単語が聞き取れたら全部が分かっているっと思っている。英語が聞き取れるようになるのは日本人にとって一番大事で難しい事かもしれない。実は発音とかだとどんな勉強が効果的に効くかがまだ分からない。でも、調べて考えたのはこれから説明する。

カタカナを捨ててフォニックスとIPAを使う

残念な事に日本語が母国語だと英語の発音が根本的に難しい。なぜかと言うと、英語には日本語より何倍くらいの発音がある。

例えば、母音。母音が英語の最強の敵かもしれない。

日本語の母音は5つしかない。「あ、い、う、え、お」。

英語の母音は19もある:

英語の母音

難しい!!でも出来るよ。大人になった後で出来た日本人にあったことがある。ただの意見だけど正しい発音の違いが聴き取れるかどうかが正しい発音が出来るかどうかより大事だと思う。

これは時間がかかるから頑張ってゆっくり勉強して下さい。

正しい発音が聞き取れるようになるには…

  1. カタカナで英語の発音を絶対に書かないことにする。
  2. IPA を覚える。
  3. 英語のフォニックスを勉強する。

最初はカタカナで英語の発音を絶対に書かないで下さい。カタカナで発音を覚えるより何も覚えない方が良いと思う。日本語には音が足りない。足りないからカタカナで書いていたら必ず間違っている発音を覚える。

IPAって何?

国際音声記号(こくさいおんせいきごう、IPA: International Phonetic Alphabet)は、あらゆる言語の音声を文字で表記すべく、国際音声学会が定めた音声記号である。国際音声字母(こくさいおんせいじぼ)、万国音標文字(ばんこくおんぴょうもじ)とも言う。

Wikipedia

代わりに IPA を勉強して下さい。勉強するには時間がかかるけど本当に大切だと思う。今はまだ IPA の勉強の仕方を調べているけどどうやってすれば良いかがあまり分からない。本を調べたけどこの本しか見つからなかった:

国際音声記号

どうせ私は日本語が母国語じゃないない人から聞けば意味が無いんだろう。友達とか日本人の先生とかと一緒に勉強して下さい。後はIPAについての本を沢山読んだら良いかな。

IPA が分かったらフォニックスを勉強したらどうだ?

フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。

Wikipedia: フォニックス

子供の頃習ったからどうやって大人が勉強すれば良いか分からない。この本から始めればどうかな…
フォニックス

読みながら発音を気にする

IPA と フォニックスを勉強した後で英語を読むとき考えて頭の中で正しい発音を流すようにして下さい。読む時も発音の勉強になるから大切だと思う。

Google で発音を確かめる

英語の音声

Google Translate を使えばネイティブの発音が聴ける。コンピューターだからもちろんちょっと変な声だけど書く言葉は間違っていないはずだ。Homonym が違うことがよくあるけど(例えば read は現在形の動詞と過去分詞の発音が違うけど綴りが同じだ)。

音声する声はちょっとロボットっぽいけど書く言葉が結構自然だと思う。

Stressifier でイントネーション確かめる

Stressifier は面白いイントネーションの勉強に使える道具だ。英語の言葉を入れたら強く発音すべきの部分がもっと濃くなる。

例えば…

イントネーションが分からない言葉を入れて…

英語のイントネーション

Stressify!をクリックするとストレスする文字が濃くなる…

英語のイントネーションのコツ

便利じゃない?^_^

英語の発音のコツ第2:発音の良くなる過程を考える

考える

発音が良くするのに過程がある。過程があるから、その進み方に従って勉強すればいいでしょう:

  1. 発音の説明を読めるようにする。すなわち音声学を勉強する。母音とか子音とか二重母音とかって言葉が分からないといけないと思う。そんなことを勉強するのが面倒くさいかも知れないけど、仕方ない。
  2. 英語の音声を聞き取れるようになる。全部の音声:母音・二重母音・子音など。特に日本人に難しい発音(コツ第2)に集中すればいい。
  3. 英語の音声を言えるようにする。全部の子音とか(L と R も!)
  4. 英語の言葉の発音を聞き取れるようになる。
  5. 英語の言葉の発音を言えるようにする。子音とかの音声だけじゃなくて短い言葉の発音。
  6. 英語のゆっくりと言った文の発音を聞き取れるようになる。
  7. 英語の文をゆっくりに発音できるようにする。
  8. 英語の速く言った文の発音を聞き取れるようになる。
  9. 英語の文を速く発音できるようにする。

3番が出来ないなら8番が出来るわけじゃないね。だから、とりあえず今のレベルに相応しい発音の勉強に集中しようね。

英語の発音のコツ第3:発音の問題点を考える

英語の相槌、自然な例文

なんで日本人に英語の発音が特に難しいかを考えたことがありますか?

私のレッスンでは日本人は普通にこんな発音が難しいみたい…

  • “L” と”R” の違い。実は一番な問題じゃないと思うけど難しい点の中で一番知られているみたいだ。例えば…
    • lash / rash
    • bold / bored
    • collar / Carol / Corolorado
  • “V” と “B” の違い。英語の “V” 発音は日本語にないから日本語で出来る発音しているなら確実に間違っている。例えば…
    • vile / bile
    • veil / bale
    • lovely / rubbery
    • delivery / deliberately
  • 母音の発音。これが一番の問題だと思う。上記で言ったように日本語の母音は5つしか無いけど、英語の母音は19もある!例えば、これらの言葉の母音は全部違う:
    • note / not / knit / net / nut / neat / night / Nate / gnat / Narnia / north / nerd / noon
    • すっごく難しいけど、科学的な研究によると日本人も聞き取れるようになれるから挫けないでください。

英語の発音のコツ第4:発音の練習をする

逆立ち‐ビーチ‐女の子

研究によると人間は赤ちゃんだったら自然に言葉の発音の細かいニュアンスが聞き取れるようになるけど、大人は少し違う。

大人だと必要なのは先生だ。人じゃなくても良いけど何が正しい発音かを指摘してくれる者が必要だ。例えばアプリとかクイズが入っているビデオとか。

研究によると日本人は “L” と “R” の聞き取れる能力はすぐ正しい答えを教えてくれる者と一緒に勉強したら一時間だけで80%の発音が正しく聞き取れるようになる!凄くない?

勿論、全部の発音が聞き取れるには時間が結構かかるけど、無可能じゃないんだ!

今はこういう練習が出来る道具とかを調べているけどもし何か良い物を知っているなら是非コメントで教えて下さい。

英語の発音のコツ第5:Anki を使う

anki

英語の勉強法のガイドでもお勧めするけど、外国語を勉強しているならAnki っていう「頭の良い単語帳のソフト」が一番役に立つ道具だと思う。

このサイトの「英単語の覚え方:英語の語彙力を高める方法」って記事にはどうやってネイティブの方の発音が入っている単語帳が作れるかを説明しているから是非読んでください。

英語の発音のコツ第6:英会話のレッスン

英語の勉強を何から始める

常識かもしれないけどペラペラに自然な正しい英語が話せるようになるには先生と一緒に勉強した方が良い。英語Boost!のお勧めの英会話学校は italki っていうオンライン英会話学校だ。

italki とは?

italki“は世界中から最適な語学教師が見つかるオンライン言語学習サービスだ。もっとも早く便利な方法で、外国語が上手になるほうほうだ。

italki がお勧めの理由をリストアップしよう:

  • 安い!教師に直接払っているから普通の英会話学校より安い。italki は教師からの取り分が少しある。
  • 予約しなくてもいつでもレッスンが受けられる。インスタント・チュートリングってフィーチャーがあって事前予約無しで
    講師を選んで、すぐに学習を始めることが出来る。
  • 入学金なんか無い。いつでもやめられる。1000円だけで始められる。その1000円はレッスン代となる。

これがitalkiのインスタント・チュートリングのページ:

italki のインスタント・チュートリング

そのページに今すぐに一緒に勉強できる教師が載っている:italki のインスタント・チュートリング

右には30分のレッスンの値段が書いてある。今のところ一番安いのは約500円だ:

italki のインスタント・チュートリング

英会話学校の選び方は「英語の勉強するガイド」でもっと詳しく説明するから興味あったら是非読んでみて下さい。

とにかく英語の勉強を始めるならすぐレッスンを受け始めたら良いと思う。良いモティベーションになるからね。

後、この記事が面白いと思う方はメーリングリストに購読してくれたら幸甚です!役に立つ情報やレッスンしか送らないので宜しくお願いします…

[contentblock id=1 img=optin.png]

英語Boost!の発音の投稿

教師は日本語が分かっていなくても発音さえ勉強できるでしょう?

外部のリンク

英語の発音を音声してくれるサイト:

  • howjsay.com は音声する英語辞典だ。
  • imTranslator.com は文を音声してくれる。翻訳もするけどちょっと変な英語が出てくる。
  • Forvo の得点はネイティブの方が発音してくれる。使ったことが無いけど。
  • Google Translate
Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします