今日は初めてタイ語を勉強したけど、本当にできるようになるかな~って感じだ。

まだギブアップしないけど、出来る様になるって自信が全然ありません。

一番 intimidating(難しそうとか思って気落ちする)なのはやっぱり発音だ。特に音調が。

タイ語の音調

タイ語には音調が5つある。興味のある方はWikipediaの説明を読んでくださいね:

タイ語の声調は5つあり、数では中国語の標準語と同じである。

中国語より声調が多いと誤解されることが多いが、それは中国語が軽声を声調にカウントしていないためである。

各声調のタイ語名は、1から4までの数値を表す単語をあてており中間の位置の音程だけは数値を当てず、スィアン・サーマン(日本語訳は「普通の声」)と呼ばれる。

日本人向けのタイ語教本の多くはタイ語の声調名を無視し独自に各声調に1から5までの数値を当てていることが多いがその番号の振り方は統一されていない。

タイ文字には声調記号があるが、それは声調の種類を直接あらわすものではなく記号がつく文字種や綴りなどによって声調は変わる。 タイ文字から声調を割り出すルールは複雑で例外などもあり、何が正解なのかはっきり定義されていないためタイ文字から声調を求めることは難しい。(基本ルールを用いて声調を割り出すことは可能)

タイ人から見て外国人向けのタイ語教本には声調記号付きの発音記号が載っているものがあるが、声調に対する考えが違うため各教本間で声調は統一されていない。

以下がタイ語の各声調である。

  • スィアン・エーク 低声 (直訳:一声) เสียงเอก [sǐaŋ èek]
  • スィアン・トー 下声 (直訳:二声) เสียงโท [sǐaŋ tʰoo]
  • スィアン・ティー 高声 (直訳:三声) เสียงตรี [sǐaŋ trii]
  • スィアン・チャッタワー 上声 (直訳:四声) เสียงจัตวา [sǐaŋ càt ta waa]
  • スィアン・サーマン 平声 (直訳:普通の声) เสียงสามัญ [sǐaŋ sǎa man]

これを読むだけで「辞めようかな〜」って。笑。

だけど、このシリーズを始めておいて辞めるわけにはいかないね。

タイ語の発音

この投稿ではタイ語の発音について少し説明するつもりだったけど、この英語で書かれたタイ語について記事を少し読んだだけで、僕が説明するなんて無理だってことに気づいた。

平たく言えば、タイ語を正しい発音で読めるようになる事は不可能に近い。

日本語とスペイン語は正しく読むのにそんなに時間がかからなかったけど、英語はどうだろう。皆さんはどう思いますか?

英語の正しい発音:Phonetic Reading

もし僕が英語を勉強する日本人だとしたら、最初にするのは英語の綴りの正しい発音を勉強するに決まっている。つまり、表音式綴り(法)を勉強する。

どうやって英語の綴りの発音が読めるようになれるかは本当に大切だと思うのでこのサイトで記事を書くつもりだけど、まだ書いていない。(すみません!)

参考文献や外部サイト

どうやって英語をマスターできる?

dog-with-books-jpgdog-with-books

英語Boost! のお勧めの勉強する方法をメールでお送りします~

  • 無料の英語の勉強法のガイド (未完成だけどもうすぐ!)
  • 外国語を勉強するコツや身につけた方の成功物語
  • 楽しくて面白い英語をネイティブの方から学べる
  • 日本語を勉強している外国人に会って言語交換できる
[mc4wp_form]

私達は迷惑メールが嫌いだから役に立つ情報や勉強のコツとかだけにすることを約束します!

Niko

Niko

ニコです。今東京、バンコクに住んでいます。いつか北極点の海で泳ぎたいな。なぜかは分からないけど。たまにitalkiってオンライン英会話でレッスンを教えています。 宜しくお願いします